ハゲはシャンプーで治る?おすすめのシャンプーの選び方とは?

男性の薄毛の原因は主に2つあります。
1つは頭皮の血行不良が原因の場合。頭頂部から薄くなるのはたいていの場合これが原因のようです。頭皮の血行不良で頭頂部が薄い人の多くは、頭皮が赤くなっていることが多いです。
もう1つは遺伝による薄毛です。遺伝の場合、おでこの生え際から薄くなることが多く、改善しにくいとされています。ただ、”薄毛になりやすい”ことが遺伝する訳であって必ずしも薄毛になるという訳ではありません。

 

しかし、20代など若い人が薄毛になる”若ハゲ”の原因は、遺伝の可能性は低いと言えそうです。
不規則な生活や偏った栄養バランス、ストレスが影響していたり、ヘアケアが間違っていることなどが原因の可能性が大きいでしょう。
若い人の多くが生え際からの薄毛を気にしているようですが、実際は生え際よりも頭頂部の方から薄毛が始まっていることがよくあります。頭頂部よりも生え際の方が自分で気付きやすいので、どうしても生え際の方を気にしてしまいがちのようですね。
薄毛には男性ホルモンや飲酒、喫煙も関係してきますが、近年の若い人の頭皮を調べると、皮膚が酸化して頭皮の角質がぶ厚くなり、毛穴を覆ってしまっていることが増えてきています。

 

また、頭皮の皮脂は全て洗い流すべきだと思い込んではいませんか?洗浄力の強いシャンプーで毛穴を塞ぐ皮脂を洗い流せば頭皮環境が良くなる、というのは間違った考えです。
頭皮はある程度の皮脂を残していないと乾燥したり、必要以上に皮脂を取ってしまった為にそれを補おうとしてさらに過剰な量の皮脂を分泌してしまいます。
薄毛の対策として大切なのは、頭皮の汚れなどはきちんと洗い流せる、頭皮の保湿ができるシャンプーを選ぶことです。

 

薄毛の人にオススメなシャンプーは、馬油シャンプーやアミノ酸系の成分を含んだシャンプーです。
馬油とは字の通り馬の油を使ったシャンプーのことで、頭皮の皮脂を浮かせて洗うことができます。アミノ酸とは、人間の体を作っている素であり、刺激も弱く肌にやさしい成分とされています。どちらも近年人気が高まっているものです。
アミノ酸系は保湿力にも優れていて、頭皮環境も良い状態に整えてくれます。
さらに、ノンシリコンシャンプーも頭皮に良いとされていて、こちらも同じく注目されています。
育毛剤の効果をより高めるためには、まず頭皮の環境をシャンプーなどのスカルプケアで整えることが大切です。ポイントは、頭皮にやさしく、副作用のないものを選ぶことです。

 

芸能人が愛用しているシャンプーを選ぶのもシャンプー選びのコツとして挙げられますので、チェックしてみて下さい。